ワイヤレスイヤフォンのAVIOT「TE-D01t」使ってみたー!

プラモデルのくだりからいきなりのイヤフォン(笑).

プラモデルは継続して作ってるからまた書くよ…!

で,珍しく何でイヤフォン~??なのですが,今回はワイヤレスイヤフォンデビューということで記録に残しておこうかと考えて書いてます.

今まで外では,BOSE有線イヤフォン,家ではSONY有線ヘッドフォン等,シーンに応じて使い分けてましたが,私は有線へのこだわりが強かった訳です.

私自身,SEやってるのもあって無線LAN(Wi-Fi)はトラブルつきもので,やはり有線LANが安定性一番ってので…職業柄(;^ω^)

あと10年前だかでワイヤレスイヤフォン発売されたぐらいの時って音質どうこうよりもペアリングがすぐ途切れるってのでイライラした記憶があって,そこから暫く様子見してました.ホンマクソって思ってたよ.

まぁでも逆に昔と比べて無線が当たり前に使われる時代になっているのも事実で,Bluetoothも規格がどんどんアップデートされて,PCのキーボードやマウス,スピーカーなど各種IoT機器もBluetooth対応してますよね.

そんな気持ちでワイヤレスデビューしようしようと色々製品を見てまして,何でAVIOTなのってところですが,色々視聴して装用感がビビッと来たのですよね!

昔から愛用しているBOSEイヤフォンもそうですが,すごく軽くて耳にフィットするのですよね…優しいというか.

耳に安定しない=音楽に集中できずイライラするので,耳に合うものが良いと思いますね.

あとデザインが可愛い♪

カラバリも豊富で大体の方は,好みのものがあるんじゃないかなぁと思います.

完全に見た目だけど紫好きなので,「ゲスの極み乙女。」コラボの「TE-D01gv」も悩んだ(笑).

その中でも,今回TE-D01tを選んだのは,価格的に使ってみて最悪気に入らなければ諦めがつくレベルで,見た目が好き,また機能面もそれなりに充実したい…!

機能面は特にバッテリーですね,充電するためのケースは邪魔で,基本は持ち歩きたくないので,最大18時間って十分過ぎる(笑).

みたいなところで,新しく2021年6月30日に発売するTE-D01tを選びました!

どんなのあるのってのは公式見てちょんまげ(^o^)丿

・「AVIOT」公式サイト

https://aviot.jp/product/te-d01t

で,この最新ワイヤレスイヤフォンTE-D01tといつもの….

AVIOT TE-D01t

LYNXとゲームポケコン!!2021年発売の令和イヤフォンTE-D01tと1985年発売の昭和カートリッジ交換式家庭用ゲーム機ゲームポケコンと1989年発売の昭和カラー液晶携帯ゲーム機LYNXですね!

昭和と令和のコラボレーションですね!う~ん,ノスタルジー(´ω`)

キウイブラザーズが座ってるのは,AKRACINGのゲーミングチェアのミニチュアです.

ゲーミングチェアのミニチュアって噛みそうですねー.

この写真にゲーム環境の様々な変化とオーディオシーンの進化が詰まってますね!!一部の人には大興奮だ!(私)

実際,TE-D01tを手に取ってみた印象は高級感ありますね.

色はネイビー!ロックマンの青色より大人びた印象でございますね.

見た目,ちょっと大きそうなサイズですが,LYNXやゲームポケコンを耳に入れるのと比べると無茶苦茶小さいです!(違)

気になってた装用感も,大中小のピースが付属していますが,小さめのヤツに換装して丁度かなぁって感じです.

最初持った時ちょっと重いかな…??と思いましたが,付けてみると全然気にならずそのサイズ感がむしろ単純に耳栓として高性能なんじゃないかって言う.

最初,軽いな…と思った音ですが,イコライザーで「Base Boost」を選んで低音をちょっと強調したらロックバンドサウンドでも馴染む形になりました(^o^)丿

TE-D01t使うなら専用アプリ「AVIOT SOUND ME」をiOSでもAndroidでも入れた方が良い!

あと外部音取り込み等,外用の機能も豊富ですし,機能面というか利便性にすごくフォーカスされてますね.

イヤフォン自体をタップして再生・停止,次の曲へスキップなど一通り操作ができるのも便利ですね☆誤タップしてしまうことがあるので,認識がシングルなのかダブルなのかを効果音で確認できたらより便利かなぁ.とか言ってたらアップデートくるー??

Bluetooth機能が付いてない機器には当然使えないですが,送信機を別途用意すれば使えます.

ただゲームポケコンにはイヤフォン用のジャックすらないので使用できないです…そもそもサウンドオンオフしかできずに音量調整ができないのでアレですが.

外では音をオフにしてやれって想定ですね,なるほど漢らしい!それが定めよ!漢!!

LYNXにはイヤフォンジャックが付いてるので,Bluetooth送信機があれば使えますね!

こちらはちゃんと外でのプレイを想定しているあたり,携帯ゲーム機してます.

え,サイズ??

スタバにMAC持ち込むぐらいなら全然行ける行ける(・ω・)

ちなみにBluetooth非対応のニンテンドースイッチにはUSB-C端子が付いてるので,こちらに対応した送信機も使えると思いますよ.

このご時世,変換器も豊富なので頑張れば色々使えますね~.

そんな訳で,色々な機器とペアリングして楽しんでみたいと思います☆

え,ムラーバルさんとペアリングしたいって??

んもー,そんな人はただいまモンハンライズコラボ中のロックマンX DiVE一緒にプレイしようZE(^o^)丿


カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。