PS Vitaのセガの音ゲー&言葉パズルな「うた組み575」を一通りプレイしてエンドロールまで見ましたーっ☆うた組み575その2

PS Vitaのセガの音ゲー&言葉パズルな「うた組み575」をプレイちう~☆

久々の音ゲーの購入ということもあって,しばらく夢中でやっちゃってますね~(´ω`。)

さて,うた組み575ですが,音ゲーでは珍しくストーリーがありまして,メインとなるストーリーを5月から6月,7月と順調に進んで4月までのデモを一通り見終わって最後のエンドロールを見ました!

主人公である小豆と抹茶のユニット575がうた組みの生放送を通じて成長していく様を見届けるますです.

音ゲーに集中しては合間にデモを見るって感じでやるとけっこう癒されます☆

全34曲がショート,ミドル,ロングの3種類の長さと難易度であるので,リズムパターンとしては102パターンだと思えば良いですかね.

この102パターンの譜面に対して最高評価の「超大盛況」を獲得するのがこのゲームの最終目標といっても良いのじゃないでしょうか!(ドォーン)

実際に最も難易度の高いトロフィーはこれが条件ですねぇ.

私は箱丸でも実績は解除したいタイプの人間なので,このPS Vitaのソフトに対してもなるべく100%コンプしたいところであります!

まぁ程遠いですがね…デュフフ.

プレイがどんな感じかは公式からプレイ動画が上がってますので,そちらを見ていただくのが手っ取り早いかなぁと.

やつはーしとなまやつはしのハーモニー♪

あと体験版も配信されていますので,そちらもぜひぜひっ☆

全体をプレイしてみてですが,高難易度のロングでも難易度格差は激しくて,初見でほぼパーフェクトいける曲もあれば,どうやったらコンボが繋がるのか考えさせられる曲もちらほら(まぁそらそうなんですが).

中には,左手の親指でタップし続けながらも左側に出現する言葉をタップする必要がある曲もありまして,いじめてくる曲は割りといじめてきます(笑).

PS Vitaは画面サイズが大きいので,画面を越えた指の移動はけっこう大変ですのよ!(特に指が短い私みたいな人ね)

言葉を考えるってのもあって,よくある高難易度の音ゲーでひたすら細かいリズムを取らせるっていう難しさとはまた違う難しさもとい楽しさがありますね(・∀・)

操作としては,左右の親指のリズムタップと長押し,背面タッチパネルのリズムタップと長押し,画面中央の言葉選択タップというアクションでして,地味にやることが多かったりします.

言葉の選択もネタ系の歌詞だと正解が分かりにくくて苦戦しますしね…まぁ大体のものはよく見れば分かるようになってます☆

その他に投稿歌詞という歌詞アレンジされたものをプレイしたり,言葉をショップで購入して自分で歌詞をアレンジする機能もあります!

せ,せっかくだから俺はこの歌詞アレンジ機能で一句詠んでみたぜ!

140126

メガドラを

くんかくんかで

セガすてき

ど,どうでしょう…??(棒)

メガドラなどセガハードの言葉がショップで買えるあたり,さすがセガですよね!(真っ先に購入しますた)

この歌詞アレンジで遊びだすと抜け出せなくてヤバイです…!

そんな訳で,うた組み575楽しいですっ(*゚▽゚)ノ


カテゴリー: PS Vita, ゲーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。